この耳で生きていく

突発性難聴の日々を自分らしく暮らす

お金のことを心配せずに療養したい②長期契約の火災保険を忘れていませんか?

f:id:n-kanae:20180206140105j:plain


こんにちは。カナエです。

 

お金のことを心配せずに療養したい!
という思いで実行している、家計の節約。

 

まずはじめに手を付けたのは、スマホ代。
格安スマホに乗り換えることで、大きな節約になりました。

 

kono33.hatenablog.com

 

さあ、次はどこを切り込んでいこうかなぁ??
と考えていたら、我が家に舞い込んだ一通の請求書。

それは、更新時期がきた「地震保険」のものでした。

 

こんな節約したいときに、思いがけない出費がーー!!

 

というわけで、この危機を脱出するために保険を解約することにしました。
でも、地震保険は掛けておきたい・・・。

そこで、保険を解約する方法、新しい保険への切り替えについてお伝えします!

 

 

火災保険・地震保険を解約する

f:id:n-kanae:20180206134305j:plain

 

保険の更新案内がきた!

 我が家は5年前に、中古マンションを購入しました。

それと同時に、仲介をしてもらった不動産会社の系列の保険会社で、火災保険と地震保険も同時に加入しました。

 

加入した火災保険は・・・

  • 10年間のもので一括払いで約100,000円
  • そのうちの地震保険の部分は5年の契約


5年目の今年は、地震保険だけが更新時期になります。
というわけで、今後5年分の地震保険の請求がきたのです。

保険料は5年分で約35,000円程でしたが、すっかり忘れていて大慌て!
入院などでお金がかかったし、わたしは療養中で無職。
できるものなら貯金も切り崩したくない・・・。

 

どうしようかと考えた結果、火災保険と地震保険ともに、解約することにしました!

 

保険を解約するには

 保険を解約するには・・・

  • 契約した代理店に電話で「解約したい」と申し出る
  • 送られてきた書類に必要事項を記入、返送

 

電話をする前は、「解約したい」と言ったら、理由を聞かれたり、引き止められるのかなぁと思い、ちょっと憂鬱でした。

でも、意外とあっさり「分かりました」との返事。拍子抜けしました!

 

もし知り合いの保険屋さんとかだと、断りにくい場合もありますよね・・・。
同じ保険会社での見直しなど、相談してみた方がいいかもしれません。

 

それと!思いがけないことがありました。

火災保険は10年分を一括で払っていたので、保険料が返還される!


というわけで、返還保険料31,500円が戻ってきました~。
ちょっとありがたい金額です。

 

新たに加入した火災保険

 解約したとはいえ、やはり火災保険・地震保険は掛けておきたい。
というわけで、新たに入る保険を検討しました。

 

コープ共済の火災保険に加入することにしました。
地震での被害にも保証があるものです。
保険料は、約10,000円(一年毎の更新)でした。

 

保険料の予算を目安に、保障内容を組み立ててもらいましたが、基準があると選びやすいです。
保険って、考えすぎると良く分からなくなるからなぁ~。

今までの保険と同じくらいの保障にしましたが、保障を少なくすればもっと安くもできるようです。

一年ごとに払うタイプはもしかしたら、割高かもしれません。
でも、まとまったお金を払う余裕がない時はいいと思います。

それに、毎年の更新だと、その時の状況で保障内容や保険料を決められるので、おすすめです。

 

 

保険はどのくらい掛ければいいのか?

 保険にどのくらいお金を掛けるべきか。


万が一の時のために、大金を掛ければいいというものなのか?
かといって、最低限でいいのか?

迷うところですよね。


でも、保険料を無理して捻出するというのも、違うのではと思います。
それに、たくさん保険を掛けたところで、不安がなくなるというものでもありません。

 

それならば・・・

  • 家計に見合った保険を掛ける
  • 火元を確認したり、食事に気を使ったり、気を付けて暮らす

そんなことを意識できればいいのではないでしょうか。

 


そして保険も大事ですが、何かあった時に乗り越えられる知恵や人とのつながりを、日頃から大事にできたらいいなと思います!

 

まとめます。

家計の節約にはよく「保険の見直し」が挙げられます。
生命保険や医療保険などは、すぐに思いつくのですが、火災保険を見逃していませんか?

我が家のように、家を購入する際に同時に加入、しかも家を買った時だからか気が大きくなって、けっこうな額をかけている場合もあるかもしれません。

しかも長期間の契約で一括払いだと、特に忘れがちになります。

 

家計の見直しをする機会があったら、「火災保険・地震保険」にも目を向けてみてください!